コンテナハウスって一体どんなもの?

最新!コンテナハウスの基礎知識

近年様々な場所で見られるようになった話題のコンテナハウス。インターネットで検索すると、貸し倉庫だけでなく、「これがコンテナで作れるの!?」と思えるようなスタイリッシュでかっこいいコンテナハウスの画像が沢山出てきます。

しかし、実際にコンテナハウスを建てたいと思った時に様々な疑問が湧いてきます。「価格はいくらぐらいなの?」「強度は?」「狭くないの?」「どこでも建てられる?」「建てるのにどのくらい時間がかかるの?」などなど。

コンテナハウスには様々なメリットがあれば、一部デメリットといえるような特徴もあります。このページでは、コンテナハウスについて基本的な知識を学びながら知ってきましょう。

コンテナハウスのメリット

店舗型コンテナハウス 新品20フィートJISコンテナ+新品12フィートJISコンテナ使用 建築許可取得済み 入り口側からの外観

コンテナハウスには通常の建築物と比べて様々なメリットがあります。ここではそのメリットの数々を見ていきましょう。

料金が安い&工期が早い

なんといってもコンテナハウス最大のメリットはその安さ・経済性です。費用は中古海上コンテナであれば10万未満から、建築確認対応コンテナでも100万未満から入手ができます 。

また躯体自体が出来上がっているので運んで組み立てる、ということが可能なので、通常の建築と比べ工期が非常に短いのも特徴です。

組み合わせの自由度が高い

また加工によって組み合わせができ、広い空間を作ったり、2階建てにしたりといった様々な空間作りが可能です。店舗、事務所、ガレージ、また災害時の避難住宅にと幅広い用途で活用されています。コンテナは言わば“巨大な建材”といえ、アイデア次第で今まで見たこともないようなデザインの建築物を作ることもできます。

コンテナ自体の造形的な魅力

コンテナはそれ自体が無骨でかっこいい、と思う方もたくさんいます。

自宅のガレージやオシャレなショップ、オフィスやモールなどで使われるのはそのためです。また、塗装や外壁を工夫することでいろいろな見栄えにカンタンに変えることができ、カスタマイズができるのも大きな魅力です。遊び心がある方ほど好まれるかもしれません。

コンテナハウスのデメリット

オシャレなバイク店舗型コンテナハウス

では、コンテナハウスを選択する時に考えなければならないデメリットとはなんでしょうか?ここではコンテナハウスのデメリットについて見ていきましょう。

熱がこもりやすい

まずコンテナの特性として基本的には「鉄の箱である」ということが挙げられます。素材が鉄なので当然熱すると熱くなります。

倉庫利用などで断熱材を使わない場合などは内部の温度上昇について注意する必要があります。

ただ、このデメリットは限定的で、あくまで「コンテナをそのままの状態にした場合」之話です。

設置場所が限られる

コンテナのメリットとして経済性が挙げられましたが、コンテナの経済性は「すでに躯体として完成している」ことでそのメリットが享受できるのですが、逆にいうと「そのままの形で運んで設置しなければならない」ため、設置場所にある程度空間がなければならない、という制約があります。

設置場所の空間はもちろん、前面道路や設置場所までの道のりなどで大型トラックが通れるかどうかや、設置場所においてクレーンが使えるように電線などがないか、などの事前確認が必要になります。

コンテナハウスを建てる際にかかる費用

実際にコンテナハウスとして住めるようになるには、コンテナ自体の費用だけでなく、土地代、輸送費、工事費、改装費が必要になります。

土地の確保

コンテナハウスに住む第一条件として土地がなくてはどうにもなりません。土地の値段もピンからキリですが、20フィートのコンテナで4.5坪、40フィートのコンテナで9坪になってきます。立地さえ選ばなければ、土地の確保は難しくないでしょう。

ただ注意しなければならないのが設置時の条件です。コンテナハウスを建てる際は通常コンテナをトラック等で運び、クレーンで釣り上げて設置しますが、その際に電柱や電線、木などが周りにあると設置の邪魔となり、設置自体ができない、ということになりえます。

またトラック自体が搬入可能な道幅も必要になります。

コンテナの輸送

輸送距離にもよりますが、20フィートのコンテナで4万円〜15万円、40フィートのコンテナで7万円〜25万円となります。ATS, Japanでは輸送費も見積もりの際にお出しできますので、安心してご依頼いただくことが可能です。

工事費

コンテナは輸送用やガレージ、倉庫として使用されることが多いですが、実際に事務所や店舗、住宅として使用するには快適に過ごすためにも電気配線工事や水道設備、エアコンの設置などが必要になります。

窓や空調設備の取り付け、水道などのライフラインを敷くための工事が必要になってきます。大きさで多少費用も変わってきますが、約15万円〜50万円の工事費が必要になってきます。コンテナ同士の連結工事が含まれると現場での施工が必要となるため、さらに費用がかかります。

内外装費

コンテナは鉄製なので、頑丈ですが断熱性はありません。なので、夏は暑く冬は寒い。それに、サビの心配もあります。ですから、「ハウス」にするには断熱処理やサビ防止のコーティングが必須になります。それは、建築用に製造されたコンテナも同じです。

仮にマンション並みの気密性と断熱性を持たせようとすれば、相当なコストがかかることになるでしょう。少なくとも、最低限の居住性を持たせるためのコストは必要になります。

実際にどこまで追求するかは用途などで変わってきますが、約10万円〜50万円必要になってくるでしょう。

コンテナハウス完成にかかる費用

ここまで説明した輸送費、工事費、改装費を単純に合計しただけでも、20フィートで80万円、40フィートで100万円必要になります。ここに土地代、ライフライン(トイレ・ベッド・風呂)などを含むため運良く安く土地が手に入っても300万円は必要になってきます。

業者に頼まず自らの手でコンテナハウスを建てるのは非常に難しいので、コンテナ自体を購入して内装だけ別にする、などの工夫が必要になるでしょう。

コンテナハウスの耐用年数

コンテナハウスの耐用年数は具体的には定められていません。
一説には一般的な海上コンテナでも50年くらいは持つ、と言われていますがメンテナンスや設置場所の状況にもよる場合が多く、一概には言えません。

数年に一度塗装をやり直したりするなどメンテナンスを行えばコンテナハウスでも数十年は充分に持つでしょう。塩害が多い地域(海岸沿いなど)に設置した場合はもっと短くなる可能性もあります。

コンテナハウスに固定資産税はかかるのか?

固定資産税とは、「住まいや土地(不動産)の所有者に、所在する市町村から課せられる税金」のことです。住まいとしてコンテナハウスを建てることを考えると、固定資産税がかかるかどうかが大きな問題なります。

コンテナハウスに固定資産税はかかる

コンテナ自体は移動できるし不動産ではないので固定資産税の対象にはならないのではない、という議論もありますが、コンテナハウスという形になると固定資産税はかかってきます

コンテナ単体であれば、輸送用の箱という位置付けであり固定資産税はかかりません。しかし、コンテナハウスという形になると、屋根があって四方を壁で囲まれている構造物であり、構造物が地面に定着していれば建築基準法上の「建築物」になります。

ポイントはこの、「地面に定着している」という点です。地面に定着させると「建築物」という扱いになり、固定資産税の対象になります。

コンテナハウスに建築確認は必要?

建築確認申請とは、建築物を建てる前に設計図を役所に提出して建築確認という許可申請を行うことで、基本的に10平米以上の建築物を建てる際には一律に義務付けられています。

ここではみられるのは、以下のような項目です。

  • 住宅が建てられるか?
  • 道路の接しているか?
  • 建物の大きさに問題はないか?
  • 耐震性はあるのか?

実際にコンテナハウスはこの審査を通過することができるのでしょうか?コンテナハウスはその種類によって大きく二つに別れるため、それぞれについて見ていきましょう。

ISO規格のコンテナの場合

一つは、海上コンテナと呼ばれる海上輸送用のものを利用したもので、価格が安いことが特徴です。しかし海上コンテナに使われている鉄の材質はISO規格で、日本のJIS規格ではないため、建築確認申請を通すことが難しいという事情があります。

絶対ダメということではないのですが、設置場所を管轄する役所の考え方次第というのが実情。

ということで、海上コンテナを使用した場合、法的なハードルが高いため、手軽に設置できる住宅ということにはならないですね。

JIS規格のコンテナの場合

一方、日本国内で販売されている多くのコンテナハウスは、JIS規格に対応した鋼材を使用して建築用に製造されたもの。

つまり見た目はコンテナでも、実は建築物そのものということです。もちろん建築基準法に対応するように製造されていますから、建築確認申請は問題なく通ります。

コンテナハウスの設置事例15選

では、ここでコンテナハウスの設置事例15選を見てみましょう。

ワンちゃんを連れて気軽に立ち寄れる!ミニドッグランがある談話室をコンテナハウスで。

ワンちゃんを連れて気軽に立ち寄れるミニドッグランがある談話室「ONE’S ROOM」様(長野県松本市)
2019/01/23 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

長野県松本市に、コンテナハウスでドッグラン付きの談話室を設置させていただきました。ワンちゃんを連れて仲間同士でくつろげる空間になっています。

<建物概要>
・ 中古海上40フィートコンテナ×1本
・ 床:24mm合板下地、店舗用フロアタイル貼り
・ 壁天井:PB下地クロス仕上げ
・ 内部照明ライティングレール2m×5本
・ 外部照明取付
・ 内部コンセント、外部防水コンセント取付
・ ウッドデッキ
・ 外構フェンス工事
・ ドッグランスペース人工芝施工

>> 詳細ページへ

将来の夢を叶えるために!コンテナハウスでタイヤショップを製作

(長野県上伊那郡箕輪町)
2019/01/23 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

長野県上伊那郡箕輪町のご自宅の敷地内に、コンテナハウスで本年オープン予定のタイヤショップとして設置いたしました。

<建物概要>
・ 中古海上40フィートコンテナ×1本
・ 床:24mm合板下地、店舗用フロアタイル貼り
・ 壁天井:針葉樹合板張り
・ 内部照明ライティングレール2m×6本
・ 外部照明取付
・ 内部コンセント、外部防水コンセント取付

>> 詳細ページへ

いつでも気軽に運動できる!コンテナハウスでプライベートジムを製作

(愛知県小牧市)
2019/01/17 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

愛知県小牧市にコンテナハウスでプライベートジムを製作しました。従業員、知人、家族が使用できる完全なプライベートのジムになります。

<建物概要>
・中古海上コンテナ40ft HC 2本
・床は24mmの合板を2枚使用の上にゴムマット仕上げ
・天井、壁は木目を生かしたオイルステンの塗料仕上げ
・スピーカー配線、設置
・据付けの棚
・支柱を生かしたコンセントや棚に合わせたコンセント配置
・鉄製作玄関ポーチ
・鉄製作窓の囲み庇
・基礎工事
・電気工事

>> 詳細ページへ

こだわりの詰まったオシャレな店舗型コンテナハウス

セレクトショップ färg(フェリ)様(愛知県岡崎市)
2018/11/06 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

愛知県岡崎市のセレクトショップ、「färg(フェリ)」様の店舗型コンテナハウス設置させていただきました。

<建物概要>
・中古海上コンテナ20ft1本
・中古海上コンテナ12ft1本
・製作鉄扉(出入口)
・電気設備工事
・断熱内装工事
・基礎工事
・オーニングテント
・ウッドデッキ

>> 詳細ページへ

コンパクトなペットサロンを店舗型コンテナハウスで実現

ペットサロンreve様(三重県御浜町)
2018/10/24 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

三重県御浜町のペット向けトリミングサロン、「ペットサロンreve 」様の店舗型コンテナハウス設置させていただきました。

<施工内容概要>
ペットサロンreve 様(三重県御浜町阿田和6008-10)
・中古海上コンテナ12ft 1本
・店舗用ドア
・窓
・電気設備工事
・天井付リーラーコンセント
・腰高コンセント
・断熱内装工事
・給排水設備工事
・基礎工事

>> 詳細ページへ

店舗型コンテナハウスで作るペットトリミングサロン

OHANA STAR様(愛知県名古屋市)
2018/10/19 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

愛知県名古屋市のペット向けトリミングサロン、「Trimming Salon OHANA STAR」様の店舗型コンテナハウス設置させていただきました。

<施工内容メモ>
●店舗型コンテナハウス
●中古海上コンテナ12フィート 1本

>> 詳細ページへ

ウッド調で使いやすいオフィス空間を実現した事務所型コンテナハウス

株式会社マル伊水産様(三重県四日市市)
2018/10/19 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容メモ

三重県四日市市の株式会社マル伊水産様のコンテナハウス事務所を設置させていただきました。

<施工内容メモ>
●事務所
●水産業
●床 Swisstrax
●無垢の木
●コンテナパネル造作壁
●内装木製作ドア
●外構工事
●屋根つき
●事務所スペース
●ウッドデッキ

>> 詳細ページへ

コンテナハウスで店舗とガレージを併設させたおしゃれな車両整備屋さん

GARAGE M&Y様(山口県岩国市)
2018/07/21 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

車の修理や整備を生業としてらっしゃる山口県岩国市の「GARAGE M&Y」様の店舗型コンテナハウスを設置させていただきました。


■利用コンテナ:合計3本
・海上20フィートハイキューブコンテナ×2本(中古)
・海上20フィートコンテナ×1本(中古)

>> 詳細ページへ

大好きな旧車収納用に新品のコンテナガレージを製造

W様(愛知県尾張旭市)
2018/07/02 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

愛知県尾張旭市に新品の20フィートコンテナ(ハイキューブ使用)で、旧車を収納するためのガレージを設置させていただきました。


■詳細
・旧車を収納するためのコンテナガレージ
・海上20フィートコンテナハイキューブ1本を使用(敷地に合わせて長さカット)
・側面全面ガラス扉、正面シャッター、照明、換気扇
・塗装色分け、床Swisstrax、内壁断熱OSB合板仕上げ

>> 詳細ページへ

店舗型コンテナハウスでワクワクできる倉庫&工房&子供部屋

株式会社 壁工望 様(愛知県豊田市)
2018/05/30 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

愛知県豊田市の株式会社 壁工望 様の店舗型コンテナハウスを設置させていただきました。

■詳細
・倉庫コンテナ20ftサイズ2本
・子供部屋として居住できる空間を40ft ハイキューブで製作
>> 詳細ページへ

トレーラー×コンテナハウスで存在感ある自動車ショップを実現

XD CAFE様(愛知県豊明市)
2018/05/30 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

愛知県豊明市の「XD CAFE」様の店舗型コンテナハウスを設置させていただきました。

■仕様
・正面向かって左側(黒いエリア)がカフェ、右側(グリーンのエリア)が事務所スペース。
・外壁塗装/塗分けデザイン
・コンテナ内部について、白と黒と分け雰囲気をわけている
・トレーラーのシャーシを使って設置

>> 詳細ページへ

コンテナハウスでつくる、人が集まるオシャレな駅前店舗

THE CONTAINER nishimachi 6様(愛知県豊田市)
2018/05/15 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

愛知県豊田市のアイスクリーム屋さん&まちの案内所「THE CONTAINER nishimachi6(通称:エヌロク)」様の店舗型デザイナーズ・コンテナハウスを設置させていただきました。

>> 詳細ページへ

コンテナハウスでコンパクトな小型店舗を実現!気軽に寄れるたこ焼き屋さん

たこ虎様(三重県鈴鹿市)
2018/05/15 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

三重県鈴鹿市に5月12日にオープンのたこ焼き屋さん「たこ虎」様の店舗型コンテナハウスを設置させていただきました。

<詳細>

・20ft中古コンテナ
・簡易ウッドデッキ
・LPガス
・電気配線、エアコン、換気扇
・水道設備
・外装、内装込み

>> 詳細ページへ

飲食店舗型コンテナハウス 中古40フィートハイキューブコンテナ3本

おさかな舎様(岐阜県海津市)
2018/05/14 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

鮮魚専門の飲食店様の店舗型コンテナハウスを設置させていただきました。40フィート ハイキューブの中古コンテナを3連結し、製造・設置させていただいています。

40フィートのハイキューブコンテナを連結することで広い店内空間を作るとともに、中古コンテナを使用することで価格を抑えることができています。全面ガラスを部分的に使用することで強度を保ったままオシャレで開放的な空間演出を行っています。

弊社では店舗・ショップ型やオフィス利用のコンテナハウスを数多く制作しておりますので、ご興味がある方は簡単なご質問からでもお気軽にご相談ください。

>> 詳細ページへ

バイク店舗型コンテナハウス 40ftHC2本 40ftHC2本

COCO BLUE様(愛知県江南市)
2018/02/03 UP

※画像をクリックすると拡大表示します

施工内容

バイクショップの店舗型コンテナハウスを設置させていただきました。40ft HCの中古コンテナを2連結し、製造・設置させていただいています。

バイクショップやカーショップはコンテナの無骨な雰囲気とも相性が良く、剛健性のある店舗を短納期で制作できることから、近年発注をいただくことが多くなってまいりました。また、中古コンテナを使用することで価格を抑えることもできますし、むしろ凹みなどがある方が無骨な感じがして良い、という方もいらっしゃいます。

弊社では店舗・ショップ型やオフィス利用のコンテナハウスを数多く制作しておりますので、ご興味がある方は簡単なご質問からでもお気軽にご相談ください。

>> 詳細ページへ